浮島ヶ原自然公園

今月の生き物

ホーム > 今月の生き物 
チョウゲンボウ メス

飛翔するチョウゲンボウ

1月の生き物


チョウゲンボウ

Falco tinnunculus interstinctus McClelland, 1840(長元坊)

分類:ハヤブサ目 ハヤブサ科 
保全状況評価:
LEAST CONCERN (IUCN Red List Ver.3.1 (2001))

アフリカ、ユーラシア大陸に広く分布するハヤブサの仲間です。
日本では、夏季に本州中部以北で繁殖し、冬季には全国で見られます。
平地から山地の河原や、田畑で見ることができます。
電線にとまったり、空中でホバリングをしながらエサを探し、地上のネズミ類やバッタ類を食べます。 時には、急降下して小鳥を襲うこともあります。
日本では4~5月に断崖の横穴や岩棚、樹洞などに小枝を作って営巣します。

浮島ヶ原自然公園では、時々やってきますが、あまり園内に留まることはないようです。 他の観察をしていると、目の前をかすめて飛んでいくことがあります。 公園より北側に広がる田んぼ地帯が主な生活エリアのようで、道路沿いの電柱や電線の上で休んでいる姿をよく見かけます。 静かに観察をしていると、地上に降り立ってバッタ類を捕食する様子が観察できます。