浮島ヶ原自然公園

今月の花

ホーム > 今月の花 
タコノアシ

タコノアシ

9月の花


タコノアシ

Penthorum chinense Pursh
(蛸の足)

分類:タコノアシ科タコノアシ属
保全状態評価:準絶滅危惧(環境省)・準絶滅危惧(静岡県)

日本を始めとする東アジア一帯に分布します。
湿地帯や沼地、田んぼのあぜなどの湿った場所に生育します。
高さは数10cmになり、細長い葉がらせん状につきます。 9月に白い小さな花を多数咲かせながら数本の花序を伸ばします。 これを上から見ると、吸盤をつけたタコの足に見えることから、この名前がつけられました。
秋には赤く紅葉し、よりタコらしく見えるようになってきます。

河川敷などの湿地帯に生育する普通種でしたが、そのような場所の開発が進んで湿地帯が無くなったことや、 競合するセイタカアワダチソウが入り込んできたことなどの原因で数を減らしています。
しかし、切られた茎を挿し木にすると再び芽が出てくるなど、生育する力は強い植物です。 洪水等で湿地がかき回されると、そういった場所で芽を出し成長していく植物です。 近年は治水が進み、あまりかき回されることが無くなったため、他の植物との競合に負けてしまうという状況が生まれています。
そのため、環境省レッドリストと静岡県レッドデータブックで準絶滅危惧種となっています。

浮島ヶ原自然公園では、公園周辺の水田から移植したものを中心に、園内の数ヶ所に生育しています。