浮島ヶ原自然公園

今月の花

ホーム > 今月の花 
アキノウナギツカミ

アキノウナギツカミ

10月の花


アキノウナギツカミ

Persicaria sagittata (L.) H.Gross var. sibirica (Meisn.) Miyabe
(秋の鰻掴み)

分類:タデ科イヌタデ属
保全状態評価:なし

水辺や湿地などに生育する1年草です。
茎には下向きのトゲがあり、長さは1mほどまで伸びます。 下部は地面を這うように伸び、上部は立ち上がって他の植物にからみつきます。
枝先に数個の花をつけます。 花は、タデ科の植物に共通することですが花びらがなく、萼(がく)のみです。 上部がピンク色の5つに分かれる萼で、花はできています。

葉は、矢じりのような形の細長い葉で、基部で茎を抱くのが特徴です。
同じタデ科のママコノシリヌグイやミゾソバが、同じようなピンク色の花を咲かせますが、葉の形で区別できます。 (ママコノシリヌグイは三角形の葉で、ミゾソバは牛の顔のような形の葉です)

茎のトゲが、ぬるぬるするウナギでもつかめそうということから、この名がつきました。 ただ、そんなに鋭いトゲではありません。
浮島ヶ原自然公園では、園内全域で見ることができます。