浮島ヶ原自然公園

今月の花

ホーム > 今月の花 

ミゾソバ(ピンク)

ミゾソバ(白)

11月の花


ミゾソバ

Persicaria thunbergii (Siebold et Zucc.) H.Gross
(溝蕎麦)

分類:タデ科イヌタデ属
保全状態評価:なし

水辺に生える1年草です。
茎の長さは30cmから100cmで、下向きの小さな刺があります。 ただ、同じところに生えるアキノウナギツカミやイシミカワほど鋭くはありません。 花がつく茎には、赤い腺毛があります。 葉の基の部分が横に張り出しており、そこが耳のように見えるので「ウシノヒタイ」という別名もあります。
花は、茎の先に10個から20個ほど集まって咲きます。白色からピンク色まで色の変化に富みますが、 色づくのは花びら(花弁)ではなくて花被(がく)です。 これはタデ科の特徴で、どれも花びらをもたない花を咲かせます。
花期は9月から11月ですが、6月ぐらいから1個から5個の花をつける株も見られます。
浮島ヶ原自然公園では、園内全域の生育し、秋には木道の脇を覆い尽くすように咲きます。