浮島ヶ原自然公園

今月の花

ホーム > 今月の花 

ヒメハッカ

ヒメハッカ 花のアップ

ヒメハッカ群落

8月の花

ヒメハッカ

Mentha japonica (Miq.) Makino 
(姫薄荷)

分類:シソ科ハッカ属
保全状態評価:準絶滅危惧(環境省) 絶滅危惧II類(静岡県)

湿地に生える小形の多年草です。節に短い軟毛があるだけで,全体にはほとんど毛がありません。 細長い地下茎をひき,茎は4稜形で直立して分枝し,高さ20-40cmになります。
葉は対生してごく短い柄があり,長さ1-2㎝,幅3-8mm,全縁で先は鈍いです。
8-10月頃,淡紫色の小形の唇形花を枝先に群がってつけます。花は長さ約3.5mm,筒部は萼より少し長く,先は4裂します。 萼は長さ約2.5mmで、5裂し無毛で腺点があります。 おしべは4本で,株によってめしべより長いものと短いものとがあります。
果実は4個の分果(1個の子房が分裂してできた果実)からなり,長さ約0.8mmです。
ハッカと同じ仲間で,全草にハッカと同様の香りがあります。
北海道から本州の近畿地方の湿地に分布する温帯の植物なので,暖帯の浮島ヶ原に存在することは珍しいことです。 開発によって今日では非常に少なくなり,ごく稀にしかみられない植物です。
浮島ヶ原自然公園では、南入口付近に群生します。